牧師紹介

 八尋 勝(やひろ まさる)牧師の自己紹介

 

 1942年生まれ、北九州市出身です。22歳の時にイエス・キリストへの信仰に導かれ、北海道聖書学院(札幌)で学びました。花園キリスト教会(函館市)と札幌聖書キリスト教会で(2008年3月時点)36年間牧会し、出身校である北海道聖書学院で(2013年3月まで)8年間、学院長として後進の育成にあたりました。現役引退後も幾つかのキリスト教会からの要請を受け、アドバイザー牧師、スーパーバイザー牧師等を務め、若い牧師たちにバトンを渡してきました。その他、少年刑務所の教誨師、地域の小中学校PTA会長、教会付属幼稚園の理事長、キリスト教界の役職等もさせていただきました。(2017年4月から)再び札幌聖書キリスト教会からの要請を受け、次期牧師に引き継ぐまでの期間、サッカーの"ロスタイム"のように、与えられました務めに励んでおります。いま私の心のうちにあるのは「こういうわけで、いつまでも残るのは信仰と希望と愛、これら三つです。その中で一番すぐれているのは愛です。」(Ⅰコリント13章13節/新改訳2017)という聖書の御言葉です。移り変わる世に在って、いつまでも変わることのないキリストにある信仰と希望と愛。この信仰と希望と愛を、一人でも多くのかたに、お伝えしたいと願っております。